事務机選びで他社に差をつけよう|会社の備品選びについて

女の人

最大限スペースを活用する

オフィス

快適なオフィス空間を作る上で大切になるのがオフィスレイアウトです。会社ごとの個性にあわせたオフィスレイアウトを設計することができれば業務効率は格段に向上します。業務にあわせたレイアウト設計をするためにはいくつかのポイントがあります。ポイントをおさえて効率的に業務をすすめるためのオフィスレイアウトを作りましょう。オフィス物件を賃貸で借りたとき、多くが広さに応じて賃料が加算されていきます。大きなオフィスを借りると業務の効率は向上するかもしれませんが、オフィスレイアウトを工夫すれば少し手狭なオフィスでも広いときと同じくらいの業務効率を実現することは可能です。限られたスペースを活かしきって仕事を行なうためのデザインを意識しましょう。一人ひとりの空間をどれくらいとるかを最初に決めることは重要です。空間が限られたオフィスは、個人のスペースの大小が全体に大きな営業を与えます。社員一人が十分な効率で働くためには6㎡必要だといわれています。社員数からどれくらいのスペースを容易する方がいいのかを最初に把握しましょう。業務がコミュニケーション型か大量に必要か否かでもオフィスの最適なレイアウトは変わってきます。プログラミングや制作・設計等が主な業務であるオフィスと、営業型の業務が中心のオフィスではレイアウトパターンはまったく違います。自社はどちらのタイプかを考えて、最も多い業務にフォーカスしたオフィスを作るようにしましょう。オフィス家具の選び方にもコツがあります。限られたスペースを最大限活かすなら、開閉スペースをとらない家具や低い家具を選ぶとスペースをフル活用できます。